FC2ブログ
高木学校・原子力問題研究グループ
2006年は『医療被ばく』問題を中心に取り組んでいきます。
高木学校公開勉強会「世界の核被害の現場から」 講師:豊崎博光さん
■日時   2006年1月27日(金) 18:00~21:00      
■会場   中野区リサイクルプラザ5階第1会議室     
■主催   高木学校
■参加費  500円 
■申込   事前に郵便、ファックス、Eメールでお申し込み下さい。

■内容   
  フリーのフォトジャーナリスト豊崎博光さんは05年5月刊『マーシャル諸島 核の世紀』(上・下2巻)で日本ジャーナリスト会議賞を受賞されました。豊崎さんは長年にわたり核の現場、ウラン採鉱、精錬から核実験、原発事故による被害を取材してこられました。受賞を機会に、広島・長崎、第五福竜丸、またスリーマイルやチェルノブイリ原発事故だけでない、世界に広がる核被害の現場で起きていることを話していただきます。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

■講師紹介
 豊崎博光(とよさき・ひろみつ)
   1948年横浜生まれ。1968年に東京写真専門学院報道写真科2部を卒業後、フリーとなる。1969年から1970年まで返還前の沖縄や在日朝鮮人・韓国人などを取材し、1973年にはアメリカの先住民族インディアンを取材後、1978年から核問題の取材をはじめる。1992年11月横浜市で開かれた「第6回国際非核自治体会議」にコーディネーター兼スピーカーとして参加。1995年12月写真集『アトミック・エイジ‐地球被曝 はじまりの半世紀』(築地書館)で第1回「平和・協同ジャーナリスト基金賞」受賞。2005年8月『マーシャル諸島 核の世紀』(日本図書センター)で日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞。
スポンサーサイト



COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.